都道府県の若手女性農業者支援事業情報

若手女性農業者支援に関するアンケート

    農と人とくらし研究センターでは、2010年5月、都道府県に対して、次のような若手女性農業者支援に関するアンケートにご協力をお願いしました。

    アンケート票(PDF)

    ここに掲載をご了承いただいた都道府県の若手女性支援に関する取り組み情報をご紹介致します。ご協力いただきました担当者の皆様、どうもありがとうございました。
    尚、この情報コーナーでは、随時、皆様からの情報提供をお待ちしております。ご提供いただいた情報は、このコーナーにてご紹介させていただきます。お問い合わせは、担当:諸藤までご連絡ください。

     

    ◆若手(おおむね40歳以下)女性農業者の状況の把握
    把握している 把握する予定がある 把握の予定はない (未定)
    3 1 9 1

     ◇把握している内容
    人数 農業経営状況 農家生活状況 若手女性の意識 その他
    2 2 1 2 1(※)
    ※ 就農状況、経営参画状況、就農の契機

     

    ◆若手女性農業者を対象にした育成支援に関する事業の実施
    あり なし 検討中
    6 6 2
    ※ 重複回答あり

     ◇実施している事業「なし」、「検討中」の理由等
    ・若手女性農業者のみを対象としたものではないため。
    ・農村女性を支援する事業はあるが、「若手」に絞っての事業はない。
    ・若手女性農業者だけを対象に事業を行う理由付けが困難
    ・女性起業活動や団体の次世代リーダーが育っていないため

     ◇実施している事業「あり」の内容
    (1)実施している若手女性農業者を対象にした育成支援に関する事業
    事業名 実施年度 予算源 予算額
    農商工連携による農林漁業若手女性支援事業 H21〜22 約2,940千円
    6次産業担い手女性能力開発支援事業 H22〜24 約1,357千円
    農業・農村男女が共に輝く活動促進事業 H22〜26 国・県 約875千円
    パートナーシップ農業推進事業 H19〜 約3,500千円

    (2)主要な事業の概要と成果
    農商工連携による農林漁業若手女性支援事業
     (担当職員数:地域農業普及振興室6人)
    ・地域の若手女性のリストアップと起業相談窓口の設置(対象は40才代以下)
    ・女性起業案内会を実施し、起業化への意識向上を図る。
    ・起業化プランを作成し、プラン実現に向けた、チャレンジ工房やインターンシップの実施により、起業のノウハウを習得。
    6次産業担い手女性能力開発支援事業
     (担当職員数:1人)
    パワフルな子育て世代(45才ぐらいまで)の農村女性を対象に塾を開催し、6次産業による新事業を創出する人材を育成する。
     アグリウーマン塾I・・・起業家人材の育成
     アグリウーマン塾II・・・既起業者の事業拡充プラン支援
    農業・農村男女が共に輝く活動促進事業
     (担当職員数: 人)
    「いきいきふくしま農山漁村男女共同参画プラン」に基づき、家族経営協定を推進し、男女が能力を発揮し、いきいきと活躍する環境づくりを図る。
    また、関係機関等との連携のもと家庭や地域等における男女共同参画に関する環境づくりを一層推進し、女性農業者の多方面にわたる参画を支援する。
    パートナーシップ農業推進事業
     (担当職員数:3人)
    概ね40才までの若手女性農業者の育成→約200名の若手女性農業者の発掘と育成、各農林振興センターでのセミナーの開催
    女性起業家の育成→約400名の起業家の育成
    女性の経営参画と社会参画

    (3)今後の予定
    単独事業として継続 他の事業とあわせて継続 継続なし 検討中
    4 1 - 4

    北海道、青森県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、
    島根県、香川県、長崎県、宮崎県(平成22年7月1日現在)

関連資料

    『次世代を担う女性農業者の育成支援 女性農業者の農業経営と育児等の両立支援に関する調査・分析事業平成21年度報告書』
    (農と人とくらし研究センター発行、A4版、77ページ)
    平成21年度、農と人とくらし研究センターでは、日本女子大学から、農林水産省の農業・農村男女共同参画チャレンジ総合推進事業のうち、女性農業者の農業経営と育児等の両立支援に関する調査・分析事業を受託し、実施してきました。この度、その事業報告書が完成しました。
    報告書には、次世代女性農業者の農業経営と育児等の両立支援に向けた課題の解明と有用な支援の提案を行うことを目的に、女性農業者を対象にした農業経営と育児に関する質問紙調査結果、若手女性農業者の育成支援に関する聞き取り調査結果、既存統計から女性農業者の現状に関する全国的な動向分析を掲載しています。ご関心のある方には、お分けします。e-mailで当センターまでお問い合わせください。尚、送料のみ、ご負担願います。(諸藤享子)

top

http://www.rircl.jp/ NPO法人 農と人とくらし研究センター