更新履歴

2010.11.7
【活動】農林水産省補助事業「農村女性起業活性化モデル事業」
視察研修1 信濃町・飯綱町コース 第2回小池学校(略称)
10月7日(木)、第2回小池学校(略称)では、長野県信濃町、飯綱町で活動している農村女性起業の視察研修
視察研修2 中野市・飯山市コース 第3回小池学校(略称)
10月18日(月)の第3回小池学校(略称)では、長野県中野市、飯山市で活動している農村女性起業の視察研修
2010.10.15
【活動】JTのNPO助成事業
かかし作り体験報告
児童養護施設つつじが丘学園の子どもたちと、かかし作り(2010年8月10日)
【活動】JTのNPO助成事業
稲刈り体験報告
(2010年9月12日)
2010.9.3
【活動】農林水産省補助事業「農村女性起業活性化モデル事業」
起業講座「農産加工カリスマ 小池学校」を開校
当センターの長野事務所(長野市)では、平成22年度農林水産省の「農村女性起業活性化モデル事業」を実施(担当:諸藤享子)
2010.7.22
【活動】JTのNPO助成事業
サツマイモ苗定植報告
今年三沢区が新たに借りた遊休農地4a。つつじが丘学園の子どもたち7名とサツマイモの苗を植えました。(2010年6月12日)
新聞記事(岡谷市民新聞2010.6.17)
【活動】JTのNPO助成事業
田の草取り体験報告
学校から帰った学園の子ども7名が参加。(2010年7月16日)
2010.7.13
【活動】JTのNPO助成事業
代かき体験報告
金曜日の放課後、つつじが丘学園の小学生7名と職員3名が田んぼに集合。(2010年5月21日)
【活動】JTのNPO助成事業
田植え体験報告
昨年につづいて今年も、地元の子どもたちと田植えをしました。(2010年5月29日)
新聞記事
(長野日報2010.5.30)
(岡谷市民新聞2010.5.31)

.

JT担当者ノート
『助成事業へ行ってきました! JT高崎支店 (2010/07/15)』

2010.6.1
[お知らせ]
農と人とくらし研究センター設立2周年記念イベント
座談会「岡谷で養蚕!を語らう」
蚕糸業と深いかかわりをもって暮らしてこられた方々を囲んで、岡谷で25年ぶりに養蚕を復活できないか、お話をうかがいます。
2010.5.26
【活動】JTのNPO助成事業
オリエンテーション「自分の住んでいる地域を見つめ直してみよう」
5月1日、JT助成事業の初日、岡谷の児童養護施設「つつじヶ丘学園」に行って、ワークショップに参加して来ました。
2010.5.21
各地の女性支援事業情報
若手女性支援に関する取り組み情報をご紹介致します。
まずは、都道府県にご協力をいただいております「若手女性農業者支援に関するアンケート」結果速報を掲載しています。
2010.4.23
【活動】JTのNPO助成事業
「コメと生きる力を育てる事業」に取り組みます
農と人とくらし研究センターは、2010年度JT青少年育成に関するNPO助成事業の助成を受けて、標記事業に取り組むことになりました。
新聞記事(2010.4.6)
2010.4.14
資料情報
『次世代を担う女性農業者の育成支援 女性農業者の農業経営と育児等の両立支援に関する調査・分析事業平成21年度報告書』(農と人とくらし研究センター発行、A4版、77ページ)
ご関心のある方には、お分けします。e-mailで当センターまでお問い合わせください。尚、送料のみ、ご負担願います。(諸藤享子)
2010.4.8
【活動】地域社会関連事業
区民農園収穫祭に参加
三沢区コミュニティ施設において、収穫した蕎麦を味わいながら、区民農園の一年間の取り組みをふりかえりました。(2010年1月31日)
新聞記事(2010.2.2)
2010.2.5
【活動】発表・講演等
リレートーク「次の世代に伝えたい農業普及の心」
長野県農業普及学会等主催の普及活動研究会において、片倉和人がリレートークのコーディネータをつとめました。(2009年12月11日)
【活動】発表・講演等
サロン「しもすわ」で講演「昔の暮らしを取りもどすために」
JR下諏訪駅前のサロン「しもすわ」にて、「昔のくらしを取りもどすために」と題して片倉和人がお話しました。(2009年11月21日)
2010.1.11
【お知らせ】
事務所のFAX番号が変わりました。
新しいFAX番号は、0266-22-4849です。
【お知らせ】
ていねいな暮らしのあったころ 佐野一彦の撮った伊深の里山展
2009.12.12〜2010.1.24 みのかも文化の森/美濃加茂市民ミュージアム
会員の福田美津枝さんから上記展覧会のご案内をいただきました。
詳細はチラシ(1面2面)をご覧下さい。
2009.12.13
資料情報
『現代農業2009年11月号増刊 耕作放棄地活用ガイド考え方、生かし方、防ぎ方』(農文協)
2009.12.3
資料情報
2009年6月20日 座談会「岡谷で農!を語らう」の記録(農と人とくらし研究センター発行、A5版、27ページ、頒価300円+送料)
増沢俊文さんと笠原覚さんを講師にお招きして行った農と人とくらし研究センター1周年記念イベントの記録。コラム風倒木のなかでも紹介されています。
「農村生活」時評29 "増沢発言に教えられる"
2009.11.4
【お知らせ】生活改善のシニア海外ボランティア(SV)募集
2009.10.8
資料情報
『伊深はおもしろいところです』(平成21年8月)
伊深町公民館講座をまとめた冊子の本文をPDFファイルに
『伊深はおもしろいところです』(PDF 164KB)冊子の送付状(PDF 10KB)
資料情報
「生活改良普及員」って知ってはりますか 農家とともに豊かな暮らしを求めて(京都農村生活研究会 編・発行 2009年3月31日)
2009.8.29
【活動】調査研究 トヨタ財団助成研究
農村女性への聞き取り調査を実施(2009年8月10日、11日)
2009.8.18
[お知らせ]
山口大学公開講座「生活改善ってなに?−山口県生活改善運動の今と昔」受講生募集(2009年10月10日、11日)
チラシ タイムスケジュール
資料情報
『伊深はおもしろいところです』(平成21年8月)
【活動】メンバーの活動
区民農園に山羊の子が仲間入り(片倉和人)
「山羊を飼いたい」というコラムを書いて丸2年。ようやく夢がひとつ叶いました。(2009年7月1日)
記事(岡谷市民新聞2009.8.15)
2009.7.21
【活動】調査研究 トヨタ財団助成研究
農村女性への聞き取り調査を実施しました。(2009年7月13日、15日、18日)
2009.7.20
【活動】メンバーの活動
チリの普及員たちと区民農園を点検(片倉和人)(2009年6月29日〜7月1日)
記事(岡谷市民新聞2009.7.4)
資料情報
『農と人とくらし』シリーズの発刊が始まりました。
2009.6.24
【活動】活動記録
座談会「岡谷で農!を語らう」が開催されました。(2009年6月20日)
記事(岡谷市民新聞 2009.6.24)
2009.6.10
1周年記念イベント
座談会「岡谷で農!を語らう」 のお知らせ
2009.6.4
【活動】メンバーの活動
区民農園の取り組みで田んぼも始めました(片倉和人)(2009年5月23日)
記事(長野日報)
2009.5.9
資料情報
「自給再考―グローバリゼーションの次は何か」
山崎農業研究所編 農文協刊
資料情報
小松展之著 「随想 むらのくらしからみえること あわくら通信」
2009.4 埼玉文学倶楽部出版部刊
2009.4.27
資料情報
『伝えたい邑楽館林の郷土料理−農村に伝わるなつかしい味 伝えたい親から子へ・・・』
邑楽館林農村生活アドバイザー協議会・東部県民局館林地区農業指導センター
2009.4.22
【活動】地域社会関連事業
「田舎で働き隊!」事業(農村活性化人材育成派遣支援モデル事業)の研修生6名とともに岡谷市三沢区の区民農園の開設準備に協力(2009年3月20日〜27日)
資料情報
「生活技術研修館だより第15号」(農林水産省農林水産研修所生活技術研修館、平成21年3月)
2009.4.18
資料情報
『山口県における農山漁村女性の生活改善を支えた生活改良普及員の足跡を追って』(山口県、2007年3月)
2009.4.7
【活動】コンサルティング・研修
アジア各国からの研修生とIDACA周辺地域の環境点検(2009年3月18日)
【活動】コンサルティング・研修
自由に語れる場づくりの手法を農村女性リーダーに伝授(2009年3月12日)
【活動】コンサルティング・研修
地域づくりにワークショップをどう使うのか(2009年3月2日、3月16日)
記事(中日新聞)
【活動】コンサルティング・研修
「とうもんの里」でアフリカの研修生と集落環境点検マップ(2009年2月20日)
【活動】コンサルティング・研修
農業委員等を対象に家族経営協定ワークショップ(2009年2月17日)
2009.3.9
「田舎で働き隊!」を募集
「田舎で働き隊!」事業(農村活性化人材育成派遣支援モデル事業)平成21年3月9日改定版(pdf 22kb)
応募については海外農業開発協会(OADA)のHP(http://www.oada.or.jp/)をご覧ください。
2009.1.26
【活動】調査研究 トヨタ財団助成研究
農と人とくらし座談会「農村生活の半世紀を見つめて、いま次の世代にぜひ伝えておきたいこと」が長野市において開催。参加者36名。(2009年1月24日)
【活動】調査研究 トヨタ財団助成研究
堀家欣子さん(社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会参与)に問題解決学習など生活改善普及事業についてインタビュー(2009年1月9日)
2009.1.7
[お知らせ]
2009年1月24日、長野市において、農と人とくらし座談会「農村生活の半世紀を見つめて、いま次の世代にぜひ伝えておきたいこと」を開催
詳細:チラシ(PDF152kb)
〜2009年の年頭に寄せて〜
農と人とくらし研究センターは、「自給自足のむら」をめざす三沢区と連携し、岡谷から元気を発信します。
(2009年1月1日の市民新聞の記事)PDF221kb
2008.12.31
【活動】コンサルティング・研修
「むら・人・くらし」情報交換会においてワークショップ(2008年11月28日)
【活動】コンサルティング・研修
群馬県で家族経営協定のワークショップ(2008年11月26日)
【活動】コンサルティング・研修
農山漁村地域力発掘支援モデル事業のアドバイザー(2008年11月25日、12月2日)
【活動】発表・講演等
農村生活学会で生活改善の思想について報告(2008年11月18日、10月30日)
【活動】発表・講演等
農と人とくらし研究センターの活動を発表(2008年11月2日)
【活動】発表・講演等
地元の公民館文化講演会で農とくらしをアピール(2008年10月25日)
(岡谷市民新聞の記事)
2008.12.29
資料情報
「集落営農活動における女性参画の現状」
安倍澄子・諸藤享子著   全国農業改良普及支援協会刊  平成20年3月
―男女共同参画関係調査・分析調査事業 平成19年度報告書―
62+(資料)25頁
2008.12.14
【農・人・くらし】あわくらのくらし・百姓
新掲載コラム。小松展之さんは還暦になってから故郷の中国山地で百姓のくらしを始めました。その16年をふりかえった体験記です。
2008.12.7
【活動】発表・講演等
吉野馨子が2008年10月に横浜で行われた国際水産会議(World Fisheries Conference)で報告
吉野馨子が執筆に参加した本「村落開発と環境保全」(古今書院)が出版された
2008.10.9
【活動】コンサルティング・研修
JICAアフリカ地域別「園芸作物・普及」コースの農村社会調査法の研修を実施(2008年8月20日〜22日)
【活動】コンサルティング・研修
JICA海外研修「農村女性能力向上コース」のファシリテーション手法の研修を片倉和人が担当(2008年6月26日、7月14日〜15日)
【活動】コンサルティング・研修
タイの農村で片倉和人が「環境・地域資源点検マップ調査による住民参加のまちづくり・むらづくり」の実地研修(2008年7月2日〜4日)
【活動】コンサルティング・研修
JICAの農村開発分野カウンターパート合同研修西語コース「生活改善」研修を実施(2008年6月9日〜15日)
2008.9.26
資料情報
「山都町地域社会調査」「同・別冊―高校生地域意識調査、PTA母親調査」
熊本大学文学部地域科学科社会学研究室 地域社会問題研究会 徳野・松浦調査班
2008.9.5
発表・講演等
国際農村社会学会(IRSA)で、日本の農村女性起業と自給について報告。7月6日から11日まで韓国ゴヤン市で開催された国際農村社会学会に、諸藤享子と吉野馨子が参加、報告。
2008.8.10
資料情報
『食の共同体 − 動員から連帯へ』(ナカニシヤ出版、2008年5月)
2008.7.31
資料情報
「むらの元気をおこす定住者誘導の手引き」
資料情報
「高齢者リーダーと地域農業への貢献−高齢者活動事例集−」(全国農業改良普及支援協会、平成20年3月)
2008.7.28
資料情報】を新設
2008.7.4
【活動】発表・講演等
自給生産に関する講演。5月14日と19日、吉野馨子が、JAあしがら西湘女性部にて、講演「自給から考える農と暮らし:農産加工の現状と継承を考える」
2008.6.26
【活動】活動記録
長野県岡谷市の区民農園開設に連携
「三沢区 初の区民農園開設へ −遊休農地活用 子らに伝える場にも−」岡谷市民新聞(PDF 340KB)
2008.6.20
【活動】活動記録
6月14日に総会及び設立イベントを開催
長野日報・岡谷市民新聞(PDF 204KB)
2008.6.8
センターの設立を広く知らせるために設立イベントを開催
設立イベントのお知らせ
2008.6.7
【組織概要】アクセス
2008.6.1
【農・人・くらし】づれづれ草
北九州で農業にたずさわる渡辺ひろ子さんの新連載コラム
2008.5.28
【活動】コンサルティング・研修
群馬県中部農林事務所渋川地区農業指導センターで、渋川広域農業活性化推進協議会が取り組む「渋川周辺、赤城山西麓の元気な地域づくり」のビジョン作りの講師を片倉和人が担当し、活動に向けた最初の一歩を形にする演劇ワークショップ(2008年5月19日)
【活動】発表・講演等
国際開発学会「生活改善」部会第10回研究部会で、片倉和人が「農村生活改善研修強化計画(1996〜2001年)の活動の記憶をたどる」と題して報告(2008年5月17日)
【活動】資料情報
『農業分野における障害者就労の手引き−作業事例編−』と『農業分野における障害者就労の支援方策の検討』は、いずれも平成19年度農村生活総合調査研究事業報告書(独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究所、2008年3月発行)
2008.5.7
会員募集
2008.4.22
【活動】資料情報
NPO法人はっくるべりーじゃむ発行の『百姓体験のすすめ』(2008年2月、79P)が、農と人とくらし研究センターにも一冊送られてきました。副題に「百姓体験が 人を育てる 地域を変える」とあり、表紙の白と緑と黄緑色が目にすがすがしい報告書です。
【活動】資料情報
金丸弘美著『創造的な食育ワークショップ』(岩波書店、2007年)の書評の依頼を受けて、片倉和人が『農業と経済』vol.74 No.5(2008年5月)に「実感できる小さな世界を取り戻す」と題する書評を書きました。
【活動】コンサルティング・研修
(財)アジア農業協同組合振興機関(IDACA)が実施するICA貧困削除・農家所得向上研修の一環で、小山真一さんと片倉和人が「参加型農村開発(PRA)に関する手法と演習」について担当し、アジア各地からの研修生12名とIDACA周辺地域の環境点検から課題を見つける演習を行いました。(2008年4月1日)
【活動】資料情報
「栄村食の宝『ばぁのごっつぉ うんめぇ〜のし ハレのひ ケのひ』」(栄村食文化レシピ編集委員会編集、平成20年3月、131P)
長野県の栄村食文化レシピ編集委員会よりご寄贈いただきました。
2008.4.13
吉野馨子が、平成17年より、JAあしがら(現JAかながわ西湘)の農産加工品評会の金賞受賞者の方々を対象に、受賞した加工品の作り方や加工の現状、くらしにとっての加工の意味などをインタビューして、まとめてきました。今回の第3集より、「農と人とくらし研究センター」より出版されることになりました。
ご関心のある方には、実費でお分けします。emailまたは郵便にてお問い合わせ下さい。
あしがらの味 自然を生かし食べる技 3
〜平成18 年度JAかながわ西湘 あしがら女性部
農産加工品品評会金賞受賞者へのインタビューから〜

>>詳細はこちら
2008.4.12
【アーカイブス】農林経済掲載論考諸藤享子 研究業績
「畜産経営における女性起業の発展性 直営店・直売所を核に、地域における多様な事業展開への下地づくりを(PDF 268kb)」を追加
2008.3.6
会員向けの「農と人とくらし研究センターだより」第1号(メールマガジン)を発行(2008年2月29日)
【活動】NPO法人設立にむけて
内閣府の認証を得て、法人設立登記
農と人とくらし研究センターは、今後は特定非営利活動法人として活動していきます。(2008年2月1日)
【活動】コンサルティング・研修
「家族経営協定」に関する全員参加型意見交換会〜〜家族経営協定ってなに?なぜ、協定が必要なの?〜〜、という群馬県中部農業事務所農業振興課主催の経営セミナー。講師:片倉和人。
「寸劇」通じて学ぶ家族経営協定の必要性
セミナーの様子を紹介する新聞記事(2008年1月29日)
【活動】コンサルティング・研修
岐阜県高山市で「農業分野での障がい者就労に関する交流会」を業務委託を受けて実施。(独)農研機構 農村工学研究所が実施する「農村生活総合調査研究事業」の一環。福祉関係者と農業者とが一同に会し、どうしたらもっと農業での障がい者の受け入れが進むのかを、寸劇を作りながら考えるワークショップ。(2008年1月25日)
【活動】コンサルティング・研修
九州ブロック女性農業経営者研修会に招かれ、演劇的手法による「明日の農業経営の姿を描く わたしたちはどんな暮らしがしたいのか?」を考えるワークショップ[片倉和人](2008年1月17日)
2008.2.26
【活動】発表・講演等
「女が創る無形資産、男が開く生活世界」と題して、九州農政局主催の農村男女共同参画推進シンポジウムで、片倉和人が基調講演(2008年1月16日)
【活動】トヨタ財団助成研究
山本松代著『暮しの論理 生活創造への道』(ドメス出版、1975年)を取り上げ、生活改善の思想について研究会(2008年1月10日) 
2008.1.31
【活動】資料情報
「諏訪の味と食文化―残したい 伝えたい」
諏訪の味と食文化編纂委員会 平成19年11月、47p
2008.1.27
【活動】コンサルティング・研修
JICAのアフリカ地域別研修「小型草食家畜生産を通じた農村開発」コースで、小山真一さんと片倉和人が、農村社会調査法の研修を担当(2007年12月10日〜12日)
2008.1.11
長野日報
農村の変化研究 農と人とくらし研究センターが設立 2008年1月9日掲載
2007.12.31
【活動】調査研究 [トヨタ財団助成研究]
2007年12月6日 水上元子さん(元農村生活総合研究センター理事)にインタビュー(近日、インタビュー記録を掲載予定)
【活動】資料情報
『心豊かな暮らしのデザイン』
中村攻監修、むらと都市を結ぶ会編、新日本出版社、2007年8月、213P
2007.12.26
センターの設立総会にお越しいただいた、福井県の井上照美さん(福井県坂井農林総合事務所)が平成19年度の日本農村生活学会賞支援活動賞を受賞
2007.12.10
【活動】資料情報
「生活研究」・127、VOl.39-NO.3-"協会創立50周年に寄せて"
(社)農山漁村女性・生活活動支援協会、平成19年10月23日
2007.12.4
農と人とくらし研究センターの9月8日の設立総会に駆けつけてくださった諏訪農業改良普及センターの林邦子さんが(社)全国農業改良普及支援協会の平成19年度「徳安記念普及功労賞」を受賞
2007.11.23
【活動】資料情報
『生活改善運動を要因とした関東山地及び周辺地域の居住習俗変化の実証的研究』
坪郷英彦(山口大学人文学部・教授)、2007年3月、63P
2007.11.18
【活動】コンサルティング・研修
「農家とともに伸びる普及」というテーマで長野県普及職員協議会の南信ブロック研修会で「住民参加によるワークショップの進め方」という演題でワークショップ開催
【活動】資料情報
『生物資源から考える21世紀の農学 第7巻 生物資源問題と世界』
野田公夫編、京都大学学術出版会
2007.11.16
【活動】資料情報
『農村ジェンダー ―女性と地域への新しいまなざし』
秋津元輝, 藤井和佐, 澁谷美紀, 大石和男, 柏尾珠紀 著、昭和堂
2007.11.11
【活動】調査研究 [トヨタ財団助成研究]
トヨタ財団2007年度助成金贈呈式(10月25日)に出席
2007.11.10
【よこ目くらぶ】小さな写真館をオープン
2007.11.5
【活動】調査研究[バングラデシュ]
"Amader boshtobarir gachpala(私たちの家にある木)(pdf 1,103kb)"(2007.9月)
By カジシムラ小学校5年生&ラシェドゥール・ラーマン&吉野馨子
2007.10.29
【活動】コンサルティング・研修
農村女性能力向上コースの10カ国11人の研修生を迎えたJICA研修(10月18日〜20日)が終了
岡谷市民新聞、長野日報pdf 248kb)
2007.10.14
【活動】サブシステンス(自給)、地産地消
自給活動の変遷と地産地消の展開 』(pdf 559kb)
2007.10.8
【よこ目くらぶ】BBS「よこ目わいわい広場」設置(2008.5.23休止)
やぎコラムを「よこ目くらぶ」の『ヤギコレ(ヤギ・コレクション)』に移動
2007.9.30
webサイト本格始動、よこ目くらぶ更新
2007.9.28
【活動】NPO法人設立にむけて
特定非営利活動法人の認証申請を内閣府に提出
2007.9.13
【活動】NPO法人設立にむけて
設立総会報告設立の経緯pdf
2007.9.11
アーカイブス更新
2007.9.8
【活動】NPO法人設立にむけて
設立総会開催
2007.8.18
くさぎを知る会のおしらせ..コラム「のふう草」 くさぎ
2007.7.20
【活動】コンサルティング・研修
人前で話すことが苦手な人たちのための☆楽しいワークショップの進め方☆ (pdf 566kb)
片倉和人(農と人とくらし研究センター代表)
2007.7.10
webサイト試作版開設
2007.7.9
ドメイン取得

top

http://www.rircl.jp/ NPO法人 農と人とくらし研究センター